2013
06.26

こどものこと。

 子育て中のわたしは、仕事をしていても家事をしていてもまったく別のことをしているときも

 どこかで必ずこどもたちのことを考えている。考えているといっても頭のスイッチがオンに

 なっているわけではなく気にかけている脳のパーツが存在しているという感じ。

 そういえば今日はこれこれがある日だけど大丈夫か、とかさきざきでこういうことがあるけど

 ちゃんと計画して準備しているか、とかそんな普通にお母さんが考えるようなこと。


 わたしは時間的には制約がある中でこどもたちを見ているのでこどもたちにあっているときは

 むぎゅっとしたいほど愛しく思うのです。(本当に、バカ親です。笑(^_^;))

 残念ながら片思いで反抗期の子供たちは、ここ数年わたしをうざがっています。

 まわりの方々の話を聞くとそんな時期もごく自然なことなのだということ。
 
 なんだか気がついたらお友達の方がいい時期に突入していたみたいで、寂しくもあり、

 こどもの成長のはやさ、自立の時期にさしかかってきたことに、

 ただただ感心する今日このごろです。


 振り返ると、家庭の事情もありこどもたちにも我慢やつらいことをしいながら、学校の先生や

 お友達の手を借りながらいろいろなことを乗り越えてきた数年間、息ぎれすることもあったけど

 なんとかここまでこぎつけられて少しはほっとしています。



 そして何よりも自分が前をむいて生きていくことの大切さを実感します。

 そう、だからいつもありがとう。そしてスマイル(^。^)

 


 
トラックバックURL
http://gurugurubagels.blog34.fc2.com/tb.php/432-69d03902
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top