2011
03.26

今、ここ。

 日本人は本当に強いはず。戦争から立ち直ってここまできたのだから。勤勉に難しいことでも1ミリづつでも前進していける力ももっているから。

 今、ぐるぐるではおとりよせをとおしてご縁があったお客様をとおして宮城県石巻に心ばかり食料や飲料、その他日用品をお見舞い品として送らせて頂いております。皆様からのお心と売上金の一部でできることをこれからも継続していこうと思っています。

 避難所に入れない方やご自宅で頑張っている方は、電気がない中(ライフラインがない中)で、生きのびようと日々頑張っているのです。

 昨日は思いがけず朝から涙。やっと再開したヤマトさんの営業所に私たちの心ばかりの食料が届いたと。泣きながら、「ありがとう、ありがとう。」と。奇跡的にご家族が生き残れて助かったとのこと。震災直後、冷蔵庫の残りの食べ物がだめになって食糧がつきて冷凍庫にあったベーグルを解凍しておいしく食べれた、とのこと。

 本当に被災地の方、原発付近で恐怖と隣り合わせでふんぱっている方、また別の部分で震災被害を被っている方たくさんいらっしゃいます。

 震災後、いろいろな人間の本質を見受けます。商売に利用する方(大いにけっこう、経済活性につながるし、売上を募金にまわせるし、私もがんばります)、政治に利用する方(震災直後なのに売名に必死な方もいました。政策が頼もしければそれもOKですね)、また東京では物流がわるいため、パン、米、水、牛乳買いだめ、買い占める方(不安ですものね、それも程度問題ですが、OK)、原発こわい、と地方や海外に逃げる方(逃げるが勝ちかもしれませんそれもOKです。)、マスコミで野菜が危ない、というと見向きもしなくなる方(安全第一です。それもOK・・・かもしれません)


 どういう選択をするにせよ、これがいい、わるい、ということはないのでしょうが、困難を乗り越えようと皆で前進する姿勢を1ミリでも保持することです。

 「今、ここ・・・」基本的には自分がいる場所でおかれた立場で何ができるか、それぞれ違うでしょう。いつもに近い形で情報を正確にキャッチして、私たちのいる場所で何ができるか、なのでしょう。支援は続きます。

 募金、節電、関東の人は知人がいなければそれくらいが手っ取り早いのでしょう。でも今日明日の生活をつなぐのが被災地のかたはいまだに難しい方々もいらっしゃるということを忘れてはいけません。

 政府の力だけではどうにもなりません。民間ボランティアさんたちの力、NPOなどの力が功をなしているのです。
今、日本人一人ひとりが良識にもとづいて考えて行動することが試されているときなのでしょう。

ありとうありがとう、感謝と笑顔で。 今ここで、東京の小さな小さなべーぐるやさんができることがなにかを考えつつ。



 


トラックバックURL
http://gurugurubagels.blog34.fc2.com/tb.php/311-f92cfc21
トラックバック
コメント
出来ることを支援、いいですね。
私も原発の周辺にでも行きたいくらいの気持ちはあるんですけど、
実際のところ無理ですもんね。
ご縁があったら、被災動物のお預かりが出来ればと思ってます。
ボランティアが要るときは呼んでください!
ta(生徒です)dot 2011.03.30 21:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top