2011
02.08

ぐるぐる道(DOU)

 私は道(どう)という言葉をとても尊重しています。

道理というか、そうなる(そうする)のが本来自然ともいえる、人間の道なのかと思います。

頭でなくて体得していくような、そんな精進のしかた、言葉ではうまく言い表せないのですが、ひとつの悟りへの道しるべだと思うのです。実は何の分野でもクリエイティビティ(創造性)に至る前に通る道だと思っています。

だから道のつくならいごとをこどもにさせたい、と子供と折り合いのつくことをさせています。
私の息子は以前にもブログで記しましたが小学校の剣道教室に通っています。公言するに至らないくらい恥ずかしながら本来言うべきレベルですが、継続は力なり、と申しましょうか、最近はそれでもなんとなく形になってきたようです。

娘は空手(道)を先日まで、そして書道を今夢中に習っています。まぁこどものことなのでいつまで続くか正直わかりませんが・・・(#^.^#)

一つのことをもくもくと上手になりたい気持ちで、勝ちたい一心で同じような練習メニューを続けていくのは、時としておもしろくないこともあるようです。「もういいや、めんどっちい!!」息子はそんなことをいうこともあります。娘は「もうや~めた!!」と突然おもしろがってやっていた空手をやめてしまったりもしました。

でもそこを超えると何か心で感じることがあるのか、あるいは楽になるのか、続けていったものについては、楽しんで練習をしています。発見もあるようです。

先日も剣道をやめる、と息子が大声はりあげていうので先生に相談したら当然のごとく、「もちろん本人の自由だが、今やめてしまったら残らない。だけどあと1年つづけたら小学校で剣道をやりぬいた思い出になる。それが自信になる。人生をとおして何か他のことをやろうというときにも活きてくる。」

さっすが~\(◎o◎)/!
母が納得して、あらためて継続していくことの大切さを感じました。それが伝わったのか、私が何も言ってないうちに、「もう少しがんばる」という息子の反応でした。
     ゆずと黒いちじく酵母
     チャバッタ

先日パン教室の生徒さんが酒造の本、「発酵道」の話をしてくださいました。そしてぐるぐるままんところのパン教室、パン屋さんもなぜか「道」だね?という話。

道(DOU)ってどういう道(DOU)?またまた変なダジャレ 

ぐるぐる道(DOU)どんな道でしょう。ぐるぐるのお店のお客様、パン教室受講の生徒様、ぐるぐるのお手伝いスタッフとぐるぐるまま、そしてぐるぐる店舗内の酵母の神様で醸す道です。


トラックバックURL
http://gurugurubagels.blog34.fc2.com/tb.php/299-ce43138f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top