2010
10.10

Nature or Nurture issue (遺伝か環境か?)第二弾 意思が勝ったとき☆

Category: 子育て
10月は運動会シーズン。ぐるぐるべーぐるの近隣のお子さんたち、そしてぐるぐるままんちの子どもたちもはりきって運動会を迎えてます。

昨日、今日はあいにく雨模様で近隣の幼稚園や小学校での運動会は延期なのでしょうか。「お弁当づくりが大変!!延期になったらまた用意をしなくっちゃ!!」なぁんておちび連れのお客様もおしゃってました。

さて、先週はお天気に恵まれてぐるぐるままんちのこどもたちの運動会はめでたく開催されました。親的には延び延びにならずラッキー!!お弁当の用意も一回で済んだし♡

以前私はブログでアメリカの州立大学生のときから日本の院で学んでたときもそうなのですが、性格、人格というものにひとつ不思議を感じていて(ここから少しまじめになります…笑(*^^)v)、それが生まれつきのものか、養育環境によるものか、という素朴な疑問を感じてると書きました。とくにアメリカの大学にいったことで国民性の違いにカルチャーショックを覚えたことも要因でいまだ魂レベルで自分流の人間学の追及が続いてます。それで今日もこんなトピックで書いているのです。

それはそうと、ぐるぐるままの長男はかわいそうにママに似て大変足が遅いのです。だから毎年ぐるぐるままは、運動会で長男を見るたびに自分のこどものときにフラッシュバックをして卑屈な思い、悔しい心内が蘇り痛いほどその気持ちがわかるのです。本人としては一生懸命走ってるつもりなのに・・・

「ぼく多分男子で一番おそい仲間と走るんだよ...」と、でも潔く半ば開き直っている息子。それでも毎年ドンケツ争いになってしまう状況、わかりますわかります。ママの遺伝子がわるかった~そんな気持ち。

少し距離をおいてその様子をみているぐるぐるままの娘は毎年リレー選手で、個人短距離走でも気持ちよいくらいの走りを1、2等争いでみせてくれるのです。私からするとママのリベンジをしてくれている、運動会ではそ~んな期待の星です。足の速さがママに似ないでよかったね☆

私は長男に「だめ、と思ったらだめだよ。結果は考えないでいいから一生懸命走ってよ。」と月並みな言葉をかけました。無言の反応だったけど息子は意思をしっかり固めていたよう。

さて結果は・・・?

娘はリレー戦こそ、風をきって一番手に走っていたのですが、個人戦は何と最下位。えぇ~っ??そういえば走りの顔がまじじゃなかった。あとで聞いたら「靴がぬげそうで気になっちゃった」と。笑ってごまかされました。靴ぬげたって必死に走れ~!!、マジで走ったってドンケツになってしまう子だっているんだから…、心の中でそう思いました。

息子は、というと、毎年タイムが近い子たちと走るにもかかわらず、ドンケツ争いをしていたのですが、今年は本当に「歯を食いしばっている顔」をはじめて見せてくれました。そして2等賞の快挙。

これは何???

育った環境が同じような兄妹、生まれつきの違いが顕著でも、時の運もある。だけどそれ以上に意思の力もある。

やればできる!! 子どものときによくいわれた言葉のような気がしますが、だめ、と思ったらだめなのです。

だからどうせなら、できると信じた方ができる可能性が広がるということだと思います。

これって心理学的には自己催眠や認知行動療法につながる部分だと思います。
もちろん私は私、あなたはあなただけど、全ての人にいろんな可能性があるってこと。

運動会、一生懸命なこどもたちの姿にあらためてふつうのこと、だけどお母さんや先生によくいわれた大切なこと、を思い起こした瞬間でした。

トラックバックURL
http://gurugurubagels.blog34.fc2.com/tb.php/255-0eef5e9d
トラックバック
コメント
いつもありがとうございます。ハッピーマンデー(月曜祝日)など、基本的には月火木金は祭日でも営業しております。水曜日はもうしわけありませんがしばらく営業できません。よろしければ先になりますが、11月23日(火)は営業しますのでご都合がよろしければご来店おまちしております。
ぐるぐるべーぐるdot 2010.10.12 18:32 | 編集
11月3日に伺いたいのですがお休みですか?
土日に行けないので3日しかチャンスがなくて。。予約も入れたいのですが。。
優希dot 2010.10.11 15:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top