2014
03.25

ママがんばって☆独論。

 春うらら、どんな気分でこの季節を皆さまお迎えですか???

 私、Michiは、反抗期まっただ中の一男一女のママ業も完ぺきでないにせよ、

 同時並行しながら毎日の生活を送っております。

 臨時休業もふくめただいま数日のおまとめのお休みをいただいておりますが、

 個人的なことになりますが、お陰さまで下の娘も昨日小学校を卒業することが

 できました。お店を始めて今秋には9年目を迎えることになりますが、

 こんなふうにお休みをはさみながら、かたや我が子に付き添い成長を見届けることが

 できたことに感謝申し上げます。


 ぐるぐるべーぐるにもよくお子様づれのお客さまや保育園での納品、ご注文があったりして

 なにかとお子様を意識してパン、ベーグルを創ることもあります。


 こどもの成長は、こういう時代、つくづく思いますがリアルな人間が

 たくさんたくさん関わって、俗っぽい言葉でいうとデジタル社会の中でも

 あえてアナログ面での支えが必要なんだと思います。


 そして価値観が多様化するなかで、競争社会が顕著となるなかで、

 いじめ問題が顕著となる世の中で、どんなことがあろうと味方してくれる存在、

 ママ(またはパパやババ、養母であろうと同存在)が大切なんだと思います。

 私は、娘についてはゆっくりと寄り添ってあげることができない時期も

 ありましたがそれでもいつもいつも心で察知しながらメールでつながっていたり

 コミュニケーションをうまくとるように工夫したりしました。

 息子については、今は泣きたいほどつらく私に当たってくる反抗期まっただ中で、

 そのなかでも少しづつ大人になって彼なりの成長をしている様子も感じられ嬉しく

 思うこともある今日この頃です。


 私はこの子の馬鹿親として、こどもが小さい時には菓子折りもって謝りに訪問した

 お宅もありますし、逆にこの子を守るために周囲が威圧的に感じている相手や

 ある指導者に対してはっきりと「いじめ」や「暴力」を指摘して自分が

 盾になってこどもを守ったこともあります。


 私がそう出ることで私の立場が当然危ぶまれる、穏やかじゃない人、とか

 モンスターとか、息子が問題があるからそうなんだとか逆に非難されたり悪口を

 言いふらされたり、お店もやっているのにどうしよう、と、そういう思いを払拭して

 戦ったこともあります。


 でもおそらくもっと長期的に様子をみよう、としていたら、大けがをさせられていたか、

 登校拒否やとんでもないことにでもなっていた可能性を考えると、今は

 自分が不快な思いをかぶってでも前にでたことが本当によかったと、と思っています。

 そのときは夜ねむれないくらい、悩みに悩んでくるしかったし根拠もないことを

 ふれまわられたり、ということもあったけど、今ではそれを乗り越えられた自分に

 誇りをもっています。

 
 そう、私ぐるぐるままがこころから子育て中のママにエールをおくりたいこと、自分にも

 再度言い聞かせたいこと、こんな時代、自分の子を守るのは味方ができるのはママが

 一番なんだよ、ということです。だからときにはおかしいな?と思ったら

 先生が何と言おうと自分の直感を大事に勇気をもって行動することも必要な場合も

 あるということです。自分のこどもが100%正しくなくったっていいんです。

 お互いさまに最終的にはなるかもしれないけど、そこで問題提議をしない限り

 お子さんは苦しんで力つきちゃうこともあるってこと。もちろんお子さん自身がその状況を自力で

 打破できる場合もあるけど、陰湿だったり回りの目があったり、とそう簡単ではないことも

 多いのです。


 久しぶりにこんなベーグル以外の話で長文になりましたが、お子様づれのお客様も多い

 ので、なにかのときに思いだしていただけたら、とそういう思いで書きました。

 上記は、私の個人的な経験にもとづいて書きました。もちろん、だまって見守って

 お子さんが自力で解決できることもあると思います。どうとらえるかはあなた次第です。

 読んでくださってありがとうございました。
 
 

 
Comment:0  Trackback:0
2014
01.05

So What?? 蒲田のべーぐるやだよ!!

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。


 はじめに・・・、ぐるぐるべーぐるにご興味をもっていただいて本当に

 ありがとうございます。

 そしていつもご利用、ご愛顧、応援してくださっている皆様、心より感謝します。

  IMG_4601.jpg

 ぐるぐるべーぐるは、ベーグル個人店としては小さいながらも8年目を迎え

 今年9年目にむかっている下町蒲田のベーグル屋です。なぜ最初にはっきり

 このような言い方をするかと申しますと、ぐるぐるべーぐるは、ほこりを

 もってこの地で営業してきたということを記したいからです。

 店主とご近所のパートの主婦の方たちと予算がない中で大好きなベーグルを

 皆さまに知っていただこう、おいしいっ、おもしろいっ、(^o^)/て幸せに

 なってもらえたら、とそんな気持ちが先行して建物や設備には費用を

 かけられないけど商品には自分たちのこだわりをもってマイベストを尽くして

 やろう、と始めたお店です。

  bagels1.jpg


  クリスマスリース


 下町蒲田なんて・・・、建物ローカルだし…、わけわからないべーぐるたち

 (あえて横文字にしていません)おまけにぐるぐるべーぐるだって変ななまえ?、

 当初はへんなドーナッツ創るな、とかいろいろ、散々なこともいわれてきました。

 今だにブログなどで蒲田のへんなベーグル屋さん扱いする方も

 いらっしゃるくらいです。(自分ではあまりチェックしないのですが

 情報が入ってきますね^_^;)だけど最近は、正直むしろ賛辞に思うくらいになりました。

 ありがと

 しかも学校建設、開発工事で商店街ぶち壊されて強風でカンタンに通行止めに

 される通りで営業してます。

 いつどうなってもおかしくないね…、という状況でひとえにご利用いただき

 時に励まし応援してくださるお客様のおかげでここまでやってこれました。


 店主の私は、HPでも記載のとおり日本でベーグルが知られていない時代に

 アメリカの大学生活を送る中で親しみ常食していた大好きなベーグルを

 住居のある地、蒲田で背伸びをせずにごく自然な形で製造販売をすると

 いった形で営業をスタートしました。

 企業家ではないので形からはいったわけではありません。

 日本でベーグルを知った方は日本で創られたイメージの中で、

 たとえば高級住宅地や人どおりがたくさんあるおしゃれな街の

 ベーグル店を思い浮かべ否定語で入る方もいらっしゃる一方、

 風情ある元気ある町、蒲田にリスペクトをはらっておもしろいね☄

 こういうベーグル屋さん味があっていいよ。と賛辞をいただいたりもします。

 
 さて肝心のベーグルは、といいますと一般的に思い浮かべられる

 オーソドックスなシンプルなベーグルたち(素材を生かした生地の旨み食感に

 こだわって創っています)、そしてフィリングやトッピングつきの食べやすい

 サイズのベーグルたちをご用意しております。

 今でこそ、餡が入っていたり、お惣菜が入っていたりそんなベーグルを

 販売しているところも増えましたが、ぐるぐるべーぐるの開業当初はやっぱり

 それすら「変」といわれたものです。

 幸いにも店主は人種のるつぼアメリカの大学で偏見心理もふくめ社会心理、臨床心理を

 専攻した人間です。

 「変」を個性としてこれからもユニークで楽しい時には笑える(@_@)(^O^)^_^;

 べーぐるたちを創っていきたいと思っています。そしてそれにご賛同いただける

 皆さまの元気の源♡になればと思っています。どうぞよろしくお願いしまーす(^o^)/
Comment:0  Trackback:0
2013
08.06

こどもの心理、親の心理、この時代への警鐘

 今日は私、ぐるぐるままの子育てについての気づきリアルなママ心からスタートしたい

 と思います。

 とはいっても、公言しているとおり私は完ぺきな子育てはしてませんし目指してません。

 心こそ曲がっていないと思いますが、優等生とはかけ離れているまだまだわがままなこどもたちを

 育てているママの一人です。


     IMG_5121.jpg
    またまたアップしまーす!華道部男子の息子作の生け花です。
    上手ね~ととりあえずほめるべし 


 最近気付いたのは、子どもと親の視点や目標設定のずれについて。今までは気に

 ならなかったのに、特に中2の息子と私自身のが大きく違う。つきつめて考えれば

 いきつくところは思考回路、それに関連するものごとの経験値がちがうわけだから

 しかたがないのだけど、私からいわせればあきらめが早すぎると言いたくなるのです。

 そしてやるべきことをやってないぞ!!と。


 まだまだ快楽的で過去→今→未来のつながりを認識するのが弱いせいか、

 ゲームに流されることが多い中学2年生。俗っぽくいうと中2病なんていわれているけど、

 何をしたいのかいまいち不明。

 大人だってそういうことはあるからそういう時期なんだとは思う。

 それでいてやりたくないことははっきりしているけどね。そんなわけで進路、志望校を決めるように

 先生から言われても第1志望校は言い出せず... 、

 まぁ成績がそこまで達していないこともあるから表現しずらかったのでしょうけど。

 じゃあそれにむけて努力をすべし・・・、結果はわからないけど・・・、だってGETしたいんでしょ?!

 とぐるぐるままは思ってしまうのだけど、そう一筋縄ではいかず安全圏の中で今の自分を

 死守する方がどうも強いよう。

 実は本人が安全圏と思っていても安全ではなくなりつつあるのを本人はやっと気づいて

 少しづつ意識が変わってきたようだけどね。 


 今の時代は、世の中にアトラクションがたくさん出回っているし、パソコン、スマフォみれば

 子供たちにも興味ある世界にカンタンにアクセスできるし、その分カンタンに

 ひきこまれたり場合によっては利用されたりする。判断基準がよわいと自分をカンタンに

 見失うことにもなりかねない。自分が本当に何をしたいのかどうしたいのか、大人だって

 よくわからない、本当は生きていく上で一番大切な決断なのにそれすらも雲隠れして

 しまうような情報過多の時代。

 IMG_2839.jpg
 遊園地に行きたい!!と急にこどもたちにいわれドキドキハラハラ一緒に遊びました(^-^;


 この時代を生き抜くために今一度ほんの少しだけ立ち止まって歩んできた道のりを振り返り、

 自分が何をしたいのかどう生きたいのか、そんなことを漠然とでも考える必要が

 あるかもしれませんね。そして、軌道修正してまたあゆみを進めるべし

 私は思います。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.26

こどものこと。

 子育て中のわたしは、仕事をしていても家事をしていてもまったく別のことをしているときも

 どこかで必ずこどもたちのことを考えている。考えているといっても頭のスイッチがオンに

 なっているわけではなく気にかけている脳のパーツが存在しているという感じ。

 そういえば今日はこれこれがある日だけど大丈夫か、とかさきざきでこういうことがあるけど

 ちゃんと計画して準備しているか、とかそんな普通にお母さんが考えるようなこと。


 わたしは時間的には制約がある中でこどもたちを見ているのでこどもたちにあっているときは

 むぎゅっとしたいほど愛しく思うのです。(本当に、バカ親です。笑(^_^;))

 残念ながら片思いで反抗期の子供たちは、ここ数年わたしをうざがっています。

 まわりの方々の話を聞くとそんな時期もごく自然なことなのだということ。
 
 なんだか気がついたらお友達の方がいい時期に突入していたみたいで、寂しくもあり、

 こどもの成長のはやさ、自立の時期にさしかかってきたことに、

 ただただ感心する今日このごろです。


 振り返ると、家庭の事情もありこどもたちにも我慢やつらいことをしいながら、学校の先生や

 お友達の手を借りながらいろいろなことを乗り越えてきた数年間、息ぎれすることもあったけど

 なんとかここまでこぎつけられて少しはほっとしています。



 そして何よりも自分が前をむいて生きていくことの大切さを実感します。

 そう、だからいつもありがとう。そしてスマイル(^。^)

 


 
Comment:0  Trackback:0
2012
06.17

ぐるぐるままの「心G」。器用VS不器用

こんにちは。ぐるぐるままの「心G」、このカテゴリーをまずはご紹介したいと思います。
    ミニ生け花

ぐるぐるべーぐるのお客様やパン教室の生徒さん、そしてこのブログを時折でもご覧くださる読者の方はご存知の方もいらっしゃると思います。私は、そもそも「心が幸せになるには?」とか「負けない心は?」、そして「究極、生きる目的とか自己実現って何?」とかそんなことをバカみたいに真剣にずっと考えたり追求したり研究したりということを若き日は心理学という学問やアートの中で探求してきました。(HPやブログの自己紹介文にもありますが)

そしてそのための専門教育を受け、臨床心理士という資格を取得してその道を進んでいくつもりでおりました。(長男誕生後、ひどい夜泣きがある前まで)だけどほら、その道が閉ざされたおかげで、人生万事塞翁が馬、今大好きなべーぐるやさんを続けていくことができたのです。

そんなこともあり私の自己実現の一つでもありますが、このカテゴリーをとおして、ゆる~い形で時折でも、読者の皆さんにとって少しでも心が元気になるための内容を発信していけたらいいなぁ、と思っております。元気エネルギーがほしいとき、ぐるぐるべーぐるにご来店いただくのと同じくぐるぐるブログの心Gコーナーに気楽にお立ち寄り頂けたらと思います。

特にランキングに参加しているわけでもありませんので、ぐるぐるままもあるがままにそのまんまをだして心にあることを表現していけたら、そんなふうに思っています。その結果「私はそう思わない!」読者の方がそう思われたらそれはそれで結構(OK)なことだと思います。また、何かコメントがあればご来店時やメールでもいただけたら嬉しいです。
    2種の紫陽花
    路傍の紫陽花
    ピンク紫陽花
    
今日は前置きが長くなってしまったので簡単に最近思うことを記したいと思います。器用VS不器用の次元です。

ぐるぐるべーぐるでは、小さいながらも手作りの天然酵母パン教室をお陰様で開講以来ずっと続けてこれまして、そうなると必ずこのトピックに直面するのです。

たしかに器用だな、と思う方がいらっしゃいます。集中力もあってみたとおりに再現出来る方で本当に羨ましい限りです。反面、どちらかというと私もそうなのですが、見たとおりきっちりとその場で再現できず、とりあえずその場をつくろい、後で冷静になって復習したり思い出したりしてマスターしていくような方もいらっしゃいます。また技術にこだわらず少々出来栄えが不格好であっても自分流に楽しむことを目的にレッスンにご参加くださるこの次元を超越した方も多いです。

最近つくづく思うのです。逆説的ですが、不器用なのは決してわるいこと、マイナスなことではないと。むしろそのおかげで一生懸命になれるしその結果身についたものは自分の一生ものの技術になる可能性があるのです。逆に器用な方ほどもしかしたら注意が必要なのかもと、だって器用貧乏という言葉があるくらいですものね。

別に私は不器用なことを擁護するつもりではありません。器用なこと、不器用なこと、一見プラスマイナスなことに思えることも思考を変えればそれぞれにプラスマイナスが逆になるということなのです。

だからどうせだったらプラスの面を考えて自分を信じて大切に愛して生きていきましょ(^.^)♥
Comment:0  Trackback:0
2012
06.06

パンの価値観◎

 皆さんはどんなパンが好きですか??ふんわりソフトな柔らか食パンや菓子パン?あるいはデニッシュ、クロワッサンなどのサクサク系ペイストリー??麦の風味豊かな皮ぱりぱりのバゲット??どっしり重めのドイツ風ライ麦パンなんていう選択肢もありますね。

    bagels
    べーぐるたち
    bread.jpg

 ぐるぐるべーぐるは、もちろん名前のごとしべーグルがメインの町のパン屋さんです。べーグル屋です、と豪語しようかと思ったのですが、ご存知のとおりべーグルのような目の詰まったしっかりしたパンが苦手な方も常連さんとしてご来店いただいております。べーグル以外にも手作りなので量産こそしていませんが食パンや菓子パン、バゲット、ペーストリーなど自然な素材の味を生かして製造しています。

 どういうパンが好き、というのは本当に人それぞれで、その方の好み、突き詰めていくと価値観もありますよね。優劣ではなく味や食感などその方のその時の感性にあうかどうか、というところなのでしょうか。

 
 私、ぐるぐるままは、もちろん種類あるパンの中でやはりべーグルが大好きで今でも飽きもせず自分流の完成を目指し製造しております。自己満足の極みですが・・・^_^;でも対極的な水分量の多いパンも実は大好きです。
     カンパーニュカット 
  ソフトで口どけのよいべーグルと対極の高加水五穀カンパーニュ、これもOKでしょ♥


 そしてバリバリバゲット、サンドにするとおいしさ倍増!!で大好き♥だから思わずランチタイムサンドのパン選びに迷っていらっしゃるお客様にべーグルではなくバゲットをすすめてしまうこともあるほど。(~_~;)

    レモン酵母バゲット

 ついでにまるぱんもオススメ、サンドイッチ様に人気No.1でっす。(^_-)-☆

    しろとモカ

    そう、結局その場その場、その時その時、自由に選べばいいのです。たのしくおもしろがって自己選択ができるという小さな幸せ(^^♪ そしてその幸せそうなお客様の笑顔がたくさんみれるのが町のパン屋さんの特権ですね(^_-)-☆ 39
Comment:0  Trackback:0
2012
02.26

安全・安心・健康って??

 今年もぐるぐるままは、お豆屋さんに生麹をつかった特製のお味噌づくりに行きました。自分でも焼き味噌ベーグル用に自家製味噌を仕込んでいるので秋に発酵がとれておいしくなったときに味比べが楽しみです。(^O^)
詳細は後日ブログでアップしますね。

      IMG_1622.jpg
        黒豆のお味噌しこみました。あずきみたい?

 それはそうと、今回はぐるぐるスタッフとぐるぐるのパン教室の生徒さんも一緒でちょっとした小旅行気分でした。その帰途、ランチのお店を探していると私たちがぴたっと足がとまり躊躇なく入ったレストランがありました。

 3人ともはっきりいえば健康オタク。そうです。「安全・安心・健康」とかかげたレストランだったのです。

 写真なくてごめんなさい。野菜中心の健康食レストランでちょっと身体にうれしいかな(^^♪という気分になりました。

 放射能汚染が言われる前は農薬や添加物などの有無や程度、そして食材それ自体がどうか、ということが安全、安心という定番の尺度でしたよね。でも今はそれに加えて放射能というまた見えない恐怖が加わりました。心配してもきりがないので出来る範囲の安全、安心、そして健康を意識して食材や食べ物を選ぶということが大切ですよね。全てオーガニック、全て放射能確認済み、という極端なことやある程度の階級の方しか実践できないことは別として。

 ぐるぐるままは、人の心の力を信じています。見えない最強の力だと思います。安全でおいしいもの、ヘルシーなものをつくろう、食べようという意識が安心、健康につながると思います。私たちの細胞、究極のところ、ミクロな粒子、そしてそれ以上になると私は心が作用してくると確信しています。少々の不安要因があったとしても、まずは意識の力で食生活のみならず、私たちのとりまく環境、地球、宇宙が変わってくると思います。(ちょっと大げさでしたね(^。^)でも本人はマジです・・・)

家庭の事情で当の昔に専門職(片足だけ突っ込んでいるレベルでしたが)を辞した今も、心のhappiness、health⇔身体の健康を研究、追及していた私は、やはりそこに帰します。

 そしておいしい、ありがとう、しあわせ(*^_^*) シンプルにそれがだいじだなぁって。何よりも細胞、ミクロな粒子に効く言葉だなぁって思います。

 ちなみに今日はおやつに息子とポテトチップ食べていたら止まらず、「たべすぎ~危険~(~_~;)」はい、でもおいしかった、しあわせ(#^.^#)でしめくくる、おめでたいぐるぐるままでした。

 

 
Comment:0  Trackback:0
2011
03.26

今、ここ。

 日本人は本当に強いはず。戦争から立ち直ってここまできたのだから。勤勉に難しいことでも1ミリづつでも前進していける力ももっているから。

 今、ぐるぐるではおとりよせをとおしてご縁があったお客様をとおして宮城県石巻に心ばかり食料や飲料、その他日用品をお見舞い品として送らせて頂いております。皆様からのお心と売上金の一部でできることをこれからも継続していこうと思っています。

 避難所に入れない方やご自宅で頑張っている方は、電気がない中(ライフラインがない中)で、生きのびようと日々頑張っているのです。

 昨日は思いがけず朝から涙。やっと再開したヤマトさんの営業所に私たちの心ばかりの食料が届いたと。泣きながら、「ありがとう、ありがとう。」と。奇跡的にご家族が生き残れて助かったとのこと。震災直後、冷蔵庫の残りの食べ物がだめになって食糧がつきて冷凍庫にあったベーグルを解凍しておいしく食べれた、とのこと。

 本当に被災地の方、原発付近で恐怖と隣り合わせでふんぱっている方、また別の部分で震災被害を被っている方たくさんいらっしゃいます。

 震災後、いろいろな人間の本質を見受けます。商売に利用する方(大いにけっこう、経済活性につながるし、売上を募金にまわせるし、私もがんばります)、政治に利用する方(震災直後なのに売名に必死な方もいました。政策が頼もしければそれもOKですね)、また東京では物流がわるいため、パン、米、水、牛乳買いだめ、買い占める方(不安ですものね、それも程度問題ですが、OK)、原発こわい、と地方や海外に逃げる方(逃げるが勝ちかもしれませんそれもOKです。)、マスコミで野菜が危ない、というと見向きもしなくなる方(安全第一です。それもOK・・・かもしれません)


 どういう選択をするにせよ、これがいい、わるい、ということはないのでしょうが、困難を乗り越えようと皆で前進する姿勢を1ミリでも保持することです。

 「今、ここ・・・」基本的には自分がいる場所でおかれた立場で何ができるか、それぞれ違うでしょう。いつもに近い形で情報を正確にキャッチして、私たちのいる場所で何ができるか、なのでしょう。支援は続きます。

 募金、節電、関東の人は知人がいなければそれくらいが手っ取り早いのでしょう。でも今日明日の生活をつなぐのが被災地のかたはいまだに難しい方々もいらっしゃるということを忘れてはいけません。

 政府の力だけではどうにもなりません。民間ボランティアさんたちの力、NPOなどの力が功をなしているのです。
今、日本人一人ひとりが良識にもとづいて考えて行動することが試されているときなのでしょう。

ありとうありがとう、感謝と笑顔で。 今ここで、東京の小さな小さなべーぐるやさんができることがなにかを考えつつ。



 


Comment:1  Trackback:0
back-to-top